« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月23日 (水)

今さらながらNYの写真

Ny3

ふにゃきち、日本帰国の直前にNYに行ってきましたが、その写真を未だに公開してませんでしたね。その理由は僕が行ったときはあまりに寒くて写真どころじゃなかったことと、それでも寒さに耐えて何とか撮ってみた写真にろくなものがなかったからでした。(後はスキャナーが手元になかったこともありますが。) まあ、そんな言い訳はともかく、ここに一枚だけNYのTimes Squareで撮ってきた写真を公開します。

なぜ今さら、そしてどうしてこの写真なのかというと、今日ネットでNYのイエローキャブ刷新のニュースを見かけ、そこで使われていた写真が上のものと同じ場所で撮影されていることに気づき、偶然の一致にちょっとうれしくなって載せてみたというわけです(画面左のBank of AmericaとKodak Digitalって部分にご注目あれ)。

いつリンクが切れるか分からないので写真載せちゃいます。リンク元を載せているので著作権の問題もないでしょう、たぶん。

Ta__reuters_japan260921

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

上湧別行き見送り

Sakura_7

え~、前回のエントリーで打ち立てた今週末の上湧別チューリップ撮影行は諸般の都合により見送ることにしました。来週末だったら時間が取れそうなんだけど、いかに道東と言えども5月末ともなると最盛期を過ぎてしまっているかなあ・・・。

そうそう、EOS-1D Mark IIIの発売日が5月31日に決まりましたね。PMA07直前に5月下旬発売予定と発表されて以降、ちっとも正式な発売日がアナウンスされなかったので、発売が延期されるかもしれないなという心配の声も聞こえましたが、きっちり発売予定日を守って来ましたね。とはいえ、既に観音様からは、予想以上の受注数により発売当初は供給不足になるだろう(つまり発売前に予約をしていても、発売当日に手に入るとは限らない)というありがたいお告げがありましたが。でもとりあえず発売日を守るのはえらいです。僕も観音様を見習って論文を締切日までにきちんと仕上げたいものです(汗)。

え、僕? もちろん買い(買え)ませんよ。店頭展示品を触りに行くだけです。

トップの写真は東京四ツ谷にて。EOS-3, EF300mm F4L IS USM, Velvia 100F

Sakura11

四ツ谷から市ヶ谷にかけての土手道。先日、ここで蛙に遭遇し、ふにゃきち自身が蛇に睨まれた蛙のように、しばらく固まってしまいました。EOS-3, EF24-105mm F4L IS USM, Velvia 100F

Sakura_11

東京四ツ谷にて。EOS-3, EF300mm F4L IS USM, Velvia 100F

Sakura14

東京四ツ谷の聖イグナチオ教会。EOS-3, EF24-105mm F4L IS USM, Velvia 100F

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年5月11日 (金)

無謀な計画

Photo_12

今年はチューリップを撮り逃してしまった・・・。前回の更新で載せた写真が今年撮った唯一枚のチューリップの写真です。

しかーし、日本は南北に長いのだ。北海道に行けばこれからでもチューリップは見られるはず、と思ってネットで調べてみたら、上湧別というところにチューリップ公園があるそうな。ウェブサイトによれば、現在は3分咲きだそうなので、来週末辺りに行けば結構いい感じになっていそうな予感。よぉーし、ANAのマイルもいっぱい溜まってることだし、ここは特典航空券で上湧別か、上湧別なのか?

ちなみに上湧別って北海道のこんなところにあります。羽田からなら紋別空港利用が便利かな。

写真は一昨年のもの。ボストンにて。EOS-3, EF300mm F4L IS USM, Velvia100F

(北海道行きは99%ジョークですからね。関係者の方々、くれぐれも本気にしないでくださいよ(^^;)。)

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年5月 5日 (土)

最近のいろいろ2

Jindai14 

またまた前回の更新から日が空いてしまいました。と言うわけでその間にあったいろいろをかいつまんで列挙します。

・ ボストンから船便で送った荷物が届いた。

・ モディリアーニ展を渋谷Bunkamuraで見てきた。

・ モネ大回顧展を見に新国立美術館に行ってきた。

・ 鹿肉をルクルーゼの鍋を使って料理してみた。

・ 根津神社のつづじ祭りに行ってきた。

・ 神代植物公園に行ってきた。

・ 初給料が出た。

・ 初めてフォルティアSPを使ってみた。

・ 気がついたらEF70-200mm F2.8L IS USMが手元にあった。

と、こんな感じです。ボストンからの船便の中にフィルムスキャナーも入っていたので、ここ最近は写真を撮ってもスキャンできず、更新も途絶えがちだったのです。ちなみに前回の更新で載せたサクラの写真は、ポジからプリントしたものを研究室のフラッドヘッドスキャナーでスキャンしたものです。このときプリントした写真(2Lサイズ)は現在、職場の事務室に額に入れて飾ってあり、今後も少しづつ写真を増やしていってギャラリーにしてしまおうという計画を密かに進行させています。今度は2Lじゃなく、六つ切りくらいの大きさに引き伸ばしてみようかな。

閑話休題

ふにゃきち、ついにキヤノンEFレンズの代名詞ともいえるEF70-200mm F2.8L IS USMを手に入れてしまいました。ちょっと前にEF24-105F4L IS USMを買ったばかりだったので、すぐに新しいレンズを買うのは憚られましたが、どうせいつかはほしくなって買ってしまうんだろうし、たとえ将来的に不要になっても、このレンズならかなりの高値で下取りしてもらるはずだから、早いとこ買って長く楽しんだ方が得であると自分に言い訳をして、思い切って買ってしまいました。まだあまり使い込んでないこともありますが、このレンズに関しては、その描写性能の高さと、逆光への弱さはいたるところで語られているので、あえて僕からは何も申し上げません。

ともかくこのレンズを手に入れたことで、手持ちのレンズで17mmから200mmまでの焦点距離をカバーすることが出来るようになり、ここに魚眼、90mmマクロ、標準域短焦点の35mm、50mm、85mm、望遠の300mmが加わることでレンズシステムは完成しました。もうこれで(たぶん)一眼レフ用のレンズを購入することはないでしょう。後はただひたすら撮るだけです。

で、最近撮った写真が下に載せたもの。初めてフォルティアSPというフィルムを使ってみました。スキャン画像なのであまり忠実ではありませんが、ご覧の通りものすごくシアンがかった発色です。何だかCGっぽい?せっかく目の覚めるような快晴の青空だったのに、その青さが出ていない。何だか寒々しい青になってます。これが謳い文句の鮮烈色リバーサルなのかいな。はっきり言ってちょっと使いにくいんですけどぉ・・・。どうしよう5本パックで買ってしまった(汗)。

Jindai

EF17-40mm F4L USM + PL Fliter

Jindai2 ]

EF17-40mm F4L USM + PL Fliter

Jindai5 

EF70-200mmF2.8L IS USM

Jindai13 

Tamron SP 90mm F2.8

Jindai9

Tamron SP 90mm F2.8

Jindai7 

Tamron SP 90mm F2.8

Jindai15 

Tamron SP 90mm F2.8

Jindai6 

Tamron SP 90mm F2.8

Jindai16 

EF70-200 F2.8L IS USM

Photo_11 

EF70-200mmF2.8L IS USM

2_1 

EF70-200mmF2.8L IS USM

3 

EF70-200mmF2.8L IS USM

| | コメント (4) | トラックバック (2)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »