« 息抜き | トップページ | 誕生日 »

2006年11月10日 (金)

村上春樹長編小説人気投票

Asahidake_1

やっとこさ学会発表の準備が終わりました。あー疲れた。普段なら一仕事終えると気分転換にプールに行くんだけど、今日は寝不足で体力がないからやめておこうかなあ。とか言いつつしっかり学校に水着を持ってきているんだけど。( ̄▽ ̄)

先日、村上春樹氏がカフカ賞を受賞し、マスコミ嫌いの春樹さんが珍しく会見をしたってことで、そっちの方が大きなニュースになっていましたね。そいで、ヤフー・ニュースで「あなたが好きな村上春樹氏の長編小説はどれ?」っていうアンケート企画が行われていたけど、やはり超ベストセラーの『ノルウェーの森』が一番票集めましたね。だけど、これって「あなたが読んだことがある村上春樹氏の長編小説はどれ?」という質問形式にしても、ほとんど同じ結果になると思うなあ(人気と発行部数はある程度比例するから当たり前だけど)。2番人気の『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』は、ふにゃきち的にはう~んという感じですが、『ノルウェーの森』の直前の作品ということで、これも読んでみようかなと思って買っていった人が多いのではないだろうかと想像してます。では、『ノルウェーの森』の次に発表された『ダンスダンスダンス』があまり人気がないのはなぜなのか?それはこの作品が初期三部作(『風の歌を聴け』、『1973年のピンボール』、『羊を巡る冒険』)の完結編として書かれているので、『ノルウェーの森』の次の一冊としては選ばれにくかったのだと思います。ちなみにふにゃきちは、『アフターダーク』以外は読んだことがありますが、『ダンスダンスダンス』が一番、『国境の南、太陽の西』二番目に好きです。

写真は北海道大雪山旭岳5合目付近にて。10月半ばで既に雪景色です。

Zeiss Ikon, Biogon 2.8/28, Provia100F

|

« 息抜き | トップページ | 誕生日 »

コメント

絶対私が一番に食いついてくると思って書いてませんか…。
一番に食いついちゃったよ。
「ノルウェイの森」が人気投票一番だったという件、私もふにゃきちさんと同意見です。…ったく、最近海外での知名度が高いことが国内でも広く認知されたとたん、春樹ファンを語る人が増え始めたので、何となくおもしろくない。
ふにゃさん、前にも「ダンス…」と「国境の南…」が一番好きだとおっしゃってましたもんね。あの二作は名作だと私も思います。
ちなみに私はやはり「ねじまき鳥」が一番、「ダンス…」が二番、「羊をめぐる冒険」が三番かしら。
「アフターダーク」は、お好きな方がいらしたら申し訳ないのですが、読まないほうがいいですよ。私ははっきり言ってショックだったので。どうしちゃったの?とびっくりしましたね。

投稿: ずこえ | 2006年11月10日 (金) 23時13分

ずこえちゃん、
やっぱり最初にずこえちゃんが釣れた( ̄▽ ̄)!
春樹の海外での知名度って想像以上で、これまで会った外国からの留学生や先生の多くが春樹の名を知っている、または読んだことがあるって言うんだよね。ふにゃきち的統計では海外では『羊を巡る冒険』が一番人気だよ。考えてみたら『世界の終わり・・・』もそんなに悪くないかも。それでも人気第二位なのはちょっと意外だけど。ずこえちゃんの一押しが『ねじまき鳥』だとは聞いていたけど『ダンス・・・』は第二位なんだね。僕にとっての三番目はかなり決めにくいなあ。『羊』か『カフカ』か『ノルウェー』かなあ。

『アフターダーク』って面白くないの?この前の帰国の際、日本から買って持ってきたから、トロントへの道中で読もうと思っていたのに。

投稿: ふにゃきち | 2006年11月11日 (土) 07時18分

ほほほほほ、春樹ほど哲学的普遍的真実を奥深く掘り下げて伝えられる作家は海外にはおりませんことよ。なんちゃって。
アフターダーク、面白くないというか、春樹を全部読んでいる読者にとっては、浅い…。え?オチがこれで終わり?みたいな。主人公の心の傷が、あまりに平たいというかフツーすぎて…それに文体も迎合的というか…。すみません、口が滑りました…お好きな方がいらしたら、ほんとにすみません。特に冗長的過ぎとも思える「ねじまき鳥」のファンには、いつもの春樹らしい“根深さ”が足りないように感じる人が多いと思います。
買われたのでしたら、一度読んでみられてから、ふにゃさん的感想を聞かせてください!

投稿: ずこえ | 2006年11月11日 (土) 18時51分

今日から『アフターダーク』を読み始めてみました。春樹(の長編)にしては珍しく語り手が三人称なんだね(まだ午前12時25分のところ)。マリとカメラ(?)の章が交互に描かれているので、どこかで(朝までに?)交錯するのだろうけど、まだどうやって交わるのか全然分かんない。文体は、いかにもムラカミ的であるとも言えるし、別の誰かが春樹のマネをして書いているかのようであるとも言えるね。とりあえずタイトルになっているジャズ「ファイブスポット・アフターダーク」を聴いてみたいなあって思ってます。

投稿: ふにゃきち | 2006年11月14日 (火) 10時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152271/12629579

この記事へのトラックバック一覧です: 村上春樹長編小説人気投票:

« 息抜き | トップページ | 誕生日 »