« まもなく出発 | トップページ | 終焉 »

2006年10月20日 (金)

ボストンに帰ってきました。

Ameagari_23

ふにゃきち、昨日無事にボストンに帰ってまいりました。昨夜は長旅の疲れで夕方6時には就寝し、今朝は4時半まで10時間以上の惰眠をむさぼりました。おかげで起きたときには、体力もほぼ完全に回復し、ため込んでしまったお仕事もさくさく終わらせられるかと思いきや、昼の3時半には時差ぼけのせいか頭がボォーっとしてきて使い物になりません。今夜も早めに寝てしまいそう・・・( ̄O ̄')ファ~ア

『嫌われ松子の一生』(山田宗樹著)を読み終えました。内容は(ここから先を読むとネタバレするので原作を読みたいと思っている方は、読み飛ばしてください)、中学の国語教諭だった松子がとある事件をきっかけに学校をやめ、男に走るも、好きになった男には死なれたり、捨てられたり、裏切られたりと散々な目に合い、最後には裏切った男を刺殺してしまいます。刑期終了後には美容師として再出発するも、再び男がらみですべてを失ってしまい、そのショックから10年以上も生きていながらに死んでいるような暮らしをした後に、もう一度やり直そうと希望の光を見出したところで、集団リンチに合い殺害されてしまうという悲しすぎる顛末を迎えます。20台半ばまで男に無縁だった松子がろくでもない男たちにはまり、振り回されてしまう要因は、父親が病弱だった妹にばかり愛情を注いだ(と思い込んでいた)からだ(いわゆるファザコン)というのが、物語の屋台骨となっていますが、それってちょっと短絡的過ぎやしないかいと思ってしまいます。まあ読み物としては面白かったので、それはよしとしましょう。

この小説、映画は大ヒットだったのに、先日始まったドラマの視聴率はいまいち(初回8.8%)だったそうです。ふにゃきちが思うには、松子役には、映画版の主演の中谷美紀はピタリとはまっていますが、ドラマの主演の内山理名はどうかと思います。このキャスティングミスがドラマの敗因なのではないでしょうか。また、ミステリー要素を多分に含む作品なので、先行の映画版がヒットして多くの人に結末が知れてしまった今となっては、後発のドラマは苦しいでしょう。あと裏番組にはDr.コトーという強力なライバルがいますし。実はこれがドラマ松子苦戦の一番の理由だったりするかも。

写真はHarkness前にて。EOS-3, Tamron 28-75mm F2.8, Provia100F

|

« まもなく出発 | トップページ | 終焉 »

コメント

小説は面白いですね。映画も見たいと思いつつ見ていないのですがあれだけ中谷美紀で騒がれましたからドラマは難しいのでは?
きのうドラマ見ましたが、面白いとは感じませんでした。ドラマでやろうとするのは難しい話のような気がします。
コトーはやはりいいですね

投稿: るるる | 2006年10月20日 (金) 06時54分

松子の第一の特徴は、肢体の美しさですしね。
清楚役がはまるというだけでは、イタイ。
山田宗樹の「天使の代理人」は読まれましたか?あの人の女性観察には度肝を抜かれますよ。ふにゃさんそして周囲の男性陣の方々、奥さん(予定者も含む)・恋人への理解を深めるため、読んでみて下さい。

投稿: ずこえは日本だよ | 2006年10月20日 (金) 09時12分

いつの間にかボストンに戻っていたのですね。
そして嫌われ松子、内山理名は相当無理してると聞きました。
救いようの無いような物語を映画はとても上手に映像化して
いましたがドラマはどんな感じなのでしょう?気になります。

投稿: もか | 2006年10月20日 (金) 10時09分

るるるさん、
小説読まれましたか。作中で聖書が重要な役割を持つところは遠藤周作的なTasteを感じました。どんな人でも許してあげられる心を持ちたいものです。原作を読んで映画を見てみたくなりました。11月からレンタル開始だそうなので、次に帰国したときにはチェックしてみます。ドラマのほうは評判がよくないようですね。内山理名が松子みたいに転落しないことを祈ります。

ずこえちゃん、
そもそも内山理名って清楚だろうかという疑問はさておき、やっぱりイメージ違うよね。『天使の代理』読んだことないので、後学のために読んでおきます。ちなみにこれまで僕は「恋の空騒ぎ」を見ることで女性の心理を学んでいました。

もかさん、
実は一昨日帰って来ました。こんなにも多くの人が松子の原作を読んだり、映画で見たりしていたとは思わなかったよ。僕は相棒Yに教えてもらうまで存在すら知りませんでした。2時間の映画に映像化することが成功しても、連ドラにするとなると毎週ひきつけなくてはならないから大変だと思うよ。ドラマ松子の初回放送時は日本にいたけど、そのときは編集者石原正康さんを特集したNHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」を見てみました。

投稿: ふにゃきち | 2006年10月20日 (金) 20時52分

もう転落気味かしら?><
どんな人でも許すかぁ、そうありたいですね

投稿: るるる | 2006年10月20日 (金) 21時31分

るるるさん、
ここまで落ちたら後は這い上がるのみです。どんな人でも許す、それがアガペーってやつです。

投稿: ふにゃきち | 2006年10月20日 (金) 21時47分

そうですね~。愛ある人になりたいですね^^

投稿: るるる | 2006年10月20日 (金) 22時57分

目指していればきっとなれますよ。

投稿: ふにゃきち | 2006年10月21日 (土) 02時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152271/12348640

この記事へのトラックバック一覧です: ボストンに帰ってきました。:

« まもなく出発 | トップページ | 終焉 »