« はじめての…その2 | トップページ | まもなく出発 »

2006年10月16日 (月)

北国より帰還

Nespresso

ふにゃきち、本日、旭川より札幌経由で名古屋に戻りました。かの地はとても寒く、室内では早くもストーブをたき、朝夕に外歩きをする際は、パーカーの上にジャケットを羽織っていても、身震いするほどでした。今回のふにゃきちと相棒Yの道内の旅は、大雪山の剣が峰を形成する旭岳に行って来ました。例によって登山をするほどの気力も体力も時間もない三重苦なので、5合目までロープウェーで登り、辺りを2時間ほど散策したのみです。しかしさすがに北国の高山だけあって、5合目で既にあたり一面は雪景色でした。この日は天気がよく、スコーンと抜けるような青い空と白い山が見事なコントラストをなし、絶好の山歩き&撮影行日よりでした。この日の撮影機材は広角側を28mmまでしか持って行かなかったので、構図を作る際に狭さを感じました。「富士に登って山の高さを知り、大雪に登って山の広さを知る」という言葉あるそうですが、まさにその通りでした。

写真は大雪山とは全く関係ありませんが、ふにゃきちが使っている学校の机です(撮影者はMemorial Hall好きのKさん。カメラはFine Pix Z3)。 奥にびっしりと並んでいるのは大人買いしたNespressoというエスプレッソ豆が入っているカプセルです。ここに置いてあるカプセルで320杯のエスプレッソを作ることが出来ます。お近くの方は、オフィスに来ていただければいつでもご馳走しますよ。

そうそう、約束どおりラムしゃぶ食べてきました。さっぱりとしてておいしいです。ラムが好きな人ならおいしく食べられると思いますよ。(^-^)/

|

« はじめての…その2 | トップページ | まもなく出発 »

コメント

ラム肉とはどんな味なんだろう?ラムとはそもそも意味が良くわからない

投稿: るるる | 2006年10月16日 (月) 21時45分

ラムうまい!でも、カレーならマトンだいすき。
温度差での風邪がはやっております。おきをつけを。

投稿: hogerattan | 2006年10月17日 (火) 07時48分

るるるさん、
ラム肉とは子ヒツジの肉のことです。どんな味かというと…一度食べてみてください。(笑)

ほげらさん、
お、ラムお好きですか。僕はカレーでもラムばかりでマトンは食べことないですねえ。ラムよりも臭みが強いと言われるので、これまで敬遠してました。

投稿: ふにゃきち | 2006年10月17日 (火) 09時23分

お帰りなさいまし。
北国を満喫なさったようで何よりです。
ラムの焼肉を食べたことはありますが(美味しかった)
しゃぶしゃぶもあるんですね。
毛皮もくれるしお肉もくれるし羊さんって優しいな。

投稿: ずこえ | 2006年10月17日 (火) 18時18分

ずこえちゃん、
ラムの焼肉ってつまりジンギスカンだね。僕も今年の夏に札幌のサッポロビール園の屋外ビアガーデンで食べてきました。以前に同じく札幌のキリンビール園で食べたときよりおいしかったです。

投稿: ふにゃきち | 2006年10月17日 (火) 19時50分

ラムカレーは、日本ではなかなかお目にかかれませんぜー。
NZにいった時には、ラム三昧だったのですが。

Mind your 内臓脂肪。で。;-)

投稿: hogerattan | 2006年10月17日 (火) 21時12分

ほげらさん、
ボストンのインド料理屋さんにはたいていラムカレーが置いてありますよ。NZは綿羊にも食肉としても羊の王国ですものね。北海道も同じようなイメージがありますが、現在はほとんど飼育されてないようです。内臓脂肪…Mindしましょう。

投稿: ふにゃきち | 2006年10月17日 (火) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152271/12308402

この記事へのトラックバック一覧です: 北国より帰還:

« はじめての…その2 | トップページ | まもなく出発 »