« イン・ザ・プール | トップページ | キスデジN vs キスデジX »

2006年9月 9日 (土)

イン・ザ・プール続編

ふにゃきち、昨日もプールに行ってしまいました。昨日は、お昼からフランス語の試験を受け、見事に(?)パス!その後は、公募関係のペーパーワークにてんてこ舞いで、夕方にはストレスが頂点に達しました。そんなわけで、二日連続でプールに行って泳いできました。だんだん、『イン・ザ・プール』を地で行くようになって来ました。確か小説の主人公は、長時間泳ぐために、12分で500メートルというゆっくりとしたペースで泳いでいますが、ふにゃきちも、測ってみたところ、200メートルを5分弱なので、だいたい同じペースです。(500メートルとなると、途中でこれまで何メートル泳いだのか忘れてしまうので、短い距離で測定しました。) 確かにこのくらいのペースだと息が上がらないので、ずっと泳いでいられます。普段はこののんびりしたペースで泳ぎ、たまにペースを上げて、疲れたら、ゆったりペースに戻して、というのを1時間半くらい繰り返しています。いつも最初の20分くらいは、体が重くて、時間のたつのも遅く感じますが、そこを過ぎた頃から、脳内にエンドルフィンが分泌されて、泳ぐのが楽になり、時間の経過も速く感じられます。ランナーズハイの状態ですね。

Hashira_6 

Zeiss Ikon, Ultron 35mm F1.7, Provia100F

シャッター速度0.5秒の手持ち撮影の割には、まずまずじゃないでしょうか?

|

« イン・ザ・プール | トップページ | キスデジN vs キスデジX »

コメント

イン・ザ・プールは本当に狭い映画館で閉塞感にさいなまれながらみたのですが、何か奇妙な感覚がぬぐいきれませんでした。
水って癒しの効果あるのかな?
私も最近海に行きましたが、何か落ち着いた感情を持った気がしました。
好きな人といたからかもしれないけどね^^

投稿: るるる | 2006年9月 9日 (土) 14時33分

るるるさん、

イン・ザ・プールって考えてみたら、るるるさんの職場に決して無関係ではないですよね。それで興味をもたれてごらんになったのかなと想像していました。

水にの中って恐怖心がなけなれば、心落ち着くものだと思います。それも深ければ深いほど。胎児の頃の羊水の中の記憶かな?

好きな人と海、サザンの歌みたいでいいですねー。( ̄▽ ̄)

投稿: ふにゃきち | 2006年9月 9日 (土) 23時47分

あっ、それもある。
医師とか患者さんとか出てくるから見たというのもありますよ。
一度もぐるという経験をしてみたいものです

投稿: るるる | 2006年9月10日 (日) 16時18分

きっと作者も取材をもとに書いているでしょうから、コメディ映画とはいえ、現実に即した面もあるのでしょうね。僕もプールの次は、ダイビングをしてみたくなりました。

投稿: ふにゃきち | 2006年9月11日 (月) 03時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152271/11815487

この記事へのトラックバック一覧です: イン・ザ・プール続編:

« イン・ザ・プール | トップページ | キスデジN vs キスデジX »