« イン・ザ・プール続編 | トップページ | the moment »

2006年9月11日 (月)

キスデジN vs キスデジX

9月8日にキヤノンからEOS Kiss Digital Xが発売されましたね。旧製品のEOS Kiss Digital Nと比べ、改良されたのは主に以下の4点でしょうか。

(1)液晶画面が2型から2.5型になった。

(2)撮像素子につく埃や塵を落とす機構が装備された。

(3)画素数が800万画素から1010万画素までアップされた。

(4)連続撮影枚数が増えた(画像処理速度の向上)

特に、(2)の撮像素子のゴミ取り機能は、キヤノンのデジタル一眼レフでは初めて搭載されたものなので、今後の上位機種の新モデルにもこの機能は標準装備されることでしょう。ふにゃきちがデジタル一眼レフを買うことに躊躇する理由のひとつに、レンズを交換するたびに、撮像素子にゴミが付くかもしれないと気にしながら写真を撮りたくないということがありましたが、この不満点が解消されそうなので、現在の5Dか30Dの後継機モデル辺りから、デジタル一眼レフ購入を考えようと思います。まだ2年くらい先のことだと思いますが。

ただ、APS-Cサイズの撮像素子搭載機は800万画素で十分じゃないかと思います。むしろ1000万画素を超えると、800万画素よりもかえって画質が劣化しているように思えます。(同じことは、ソニーα100、ニコンD80にも言えます。)

少なくとも、下記のリンク先の画像をピクセル等倍で見比べる限り、1000万画素のKiss Digital Xよりも、800万画素のKiss Digital Nの方が、細部の描写のぬけがよく、すっきりとした画像に見えます。先入観を与えないために、どちらの画像がどちらのカメラで撮られたものかは、ここでは伏せておきます。答えはリンク先の画像の左下に出ています。よかったら見比べてください。(ファイルはかなり大きいのでブロードバンド回線以外の方は、画像が表示されるまで相当時間がかかることに注意してください。)

画像(1)http://dc.watch.impress.co.jp/cda/parts/image_for_link/62948-4486-2-1.html

画像(2)http://dc.watch.impress.co.jp/cda/parts/image_for_link/62968-4486-2-2.html

画像のリンク元のこちらです。http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2006/08/28/4486.html

(Kiss Digital Xの画像はβ機の画像なので、製品板では異なるかもしれません。)

とはいえ、ふにゃきちはデジタル一眼レフを買うならば、半切りくらいにはプリントしたいので、1000万画素はほしいです。写真展で800万画素機で撮った画像を半切りまで伸ばしたものを見ると、どうしても解像度が足りてないように見えてしまうのです。そんなわけで、ふにゃきちにとっては、フルサイズ1280万画素(つまり5Dですな)くらいが理想です。

Risu_13

EOS-3, EF300mm F4L IS, Velvia100F

|

« イン・ザ・プール続編 | トップページ | the moment »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152271/11850295

この記事へのトラックバック一覧です: キスデジN vs キスデジX:

« イン・ザ・プール続編 | トップページ | the moment »