« 北海道開拓の村 | トップページ | PEACE@Dotonbori »

2006年8月28日 (月)

@Obihiro

Departure

|

« 北海道開拓の村 | トップページ | PEACE@Dotonbori »

コメント

写真でこんなに感動したことがないくらい、感動しました。
とてもきれいな写真ですね。こうして感動できること嬉しいです^^上のほうの淡いピンクの色に特に感動しました。

投稿: るるる | 2006年8月28日 (月) 14時17分

この写真は2年前の夏に帯広を訪れた際、帰りの電車に乗り込む直前に撮ったものです。何か載せる写真ないかなあと思って写真のフォルダを見ていたら、おやっと目に留まったこの写真、るるるさんのつぼにはまっれくれたみたいでうれしいです。

投稿: ふにゃきち | 2006年8月28日 (月) 15時22分

ここでしか見れない、撮れない物ですね^^

投稿: るるる | 2006年8月28日 (月) 18時04分

この微妙な手振れ加減も写真の女神様が撮らせてくれた偶然の産物です。(^-^;)

投稿: ふにゃきち | 2006年8月29日 (火) 00時49分

きれいですねー。
進行方向はどっちなのかな?とか思ってしまいます。
あの夕日に向かっていくのか、夕日を背に進むのか。

投稿: 熊猫 | 2006年8月29日 (火) 14時44分

熊猫さん、
お久しぶりでーす。
ええっと、夕日は西の空に沈むものであって、この電車は帯広から札幌に向かうので、ううーんと、西に向かうわけですね。なので夕日に向かって走って行ったことになります。

最近、大崎善生の『ドナウよ、静かに流れよ』読みました。最初、ノンフィクションだとは知らず、フィクションとして読んでました。いやはや、こんな事件があったんですね。僕もいつの間にか大崎善生ファンです。

投稿: ふにゃきち | 2006年8月29日 (火) 14時55分

帯広は4~5年前によく行きました。
お菓子の有名な店が数件あったり、豚丼なんかも有名でしたので。
けど、札幌から車だとちょっと遠いのが難点でして。。。
久々に行きたくなりました。

投稿: みー | 2006年8月29日 (火) 19時38分

夕日に向かう・・・
なんか素敵ですね。(逆でも同じこと言ってそうですが)
すっかり大崎さんファンですね。ふふふ。
私は最近また「パイロットフィッシュ」の布教活動をしています。全部は読んでないのですが、いまのところ、「パイロットフィッシュ」と「アジアンタム・ブルー」が不動の地位を築いています。

投稿: 熊猫 | 2006年8月29日 (火) 21時25分

みーさん、
帯広といえば、やはりお菓子と豚丼ですよね。僕が行ったときも、六花亭の本店でさくさくパイを、ぱんちょうでは豚丼を食べ、十勝ワイン工場にも足を伸ばしました。それと、十勝大橋の近くのホテル(名前失念)のモール温泉というちょっと珍しい温泉にも入ってきました。

熊猫さん、
「アジアンタムブルー」は相棒にも、読ませて、泣かせてやりました。( ̄▽ ̄) 「パイロットフィッシュ」も日本で仕入れてくればよかったなあ。

投稿: ふにゃきち | 2006年8月30日 (水) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152271/11645979

この記事へのトラックバック一覧です: @Obihiro:

« 北海道開拓の村 | トップページ | PEACE@Dotonbori »