« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月17日 (月)

岩盤浴

やっとかめの更新です。ふにゃきち、最近は毎日のように、地元の図書館か、TSUTAYAか、名古屋市総合体育館のプールか、名古屋の隣の大府市にあるJAが運営する元気の郷の温泉のいづれか(またはそれらの組み合わせ)に行っています。さる7月4日に元気の郷はリニューアルオープンして、最近巷で話題の岩盤浴なるものが登場しました。新しいもの好きのふにゃきちは早速、リニューアルオープン当日に岩盤浴を試しに行ってみました。結論から言うと、すっごくいいです。サウナほど暑くないので、長時間入っていても苦しくなく、いかにも眠気を誘うヒーリングミュージックを聴きながら、ねっころがってじっくりと体の芯から汗を搾り出すことが出来ます。途中で休憩を挟んで、しっかりと水分補給をしているにもかかわらず、1時間のいるだけで、入浴前と比べて1キロくらい体重が落ちます。つまり1キロ以上の汗が流れているということになります。入浴後は、体の毒素が抜け落ちたような感覚になり、実際肌もすべすべになります。たっぷり汗をかいたあとに飲む生ビールがこれまた最高です。(電車で行ってるので、飲酒運転じゃないですよ、念のため。)
実はふにゃきちは温泉好きだと公言しているわりには、お湯に肩までしっかりつかると、何だか胸が締め付けられるように息苦しくなってしまうので、温泉ではいつも半体欲でした(プールで泳ぐのは平気なんですが)。これだと何だか肩こりには効果がないのではないかとか、体半分しかつかってないので損しているのではないか、みたいな気分になっていましたが、岩盤浴では、首から上も含めて文字通り全身浴であり、しかも効果も普通の温泉と同等かそれ以上に感じられるので、すっかり岩盤浴のとりこになってしまいました。日本に帰ってきて2週間ちょっとになりますが、すでに3回通っています。
岩盤浴登場の集客効果はふにゃきちの予想以上で、平日ならすいているだろうと思って、平日を狙って行っていますが、リタイヤ組みの皆様がしっかりいらっしゃってます。若造はふにゃきちくらいなものなので、目立つらしく、3回目に行ったときは、あるおじいさんから、あんたよう来るねぇって言われました。げげ、顔を覚えられてる。(◎◇◎;) 絶対ニートだって思われているだろうなあ。
Boylston_4
EOS-3, EF17-40mm F4L, Provia 100F
ふにゃきちが普段いる学科の建物から見たある雨降りの日の光景。カラーフィルムで撮ったものをデジタル処理でモノクロにしてます。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

ふにゃきちバーゲンへ

ふにゃきち、先週金曜すなわち6月30日に名古屋に帰ってまいりました。そして翌7月1日からはバーゲンセールが始まったので、時差ぼけをもろともせず、3日連続で栄に(今日は名古屋駅にも)ショッピングに行ってきました。特に1日は土曜日だったので、その混雑振りは、愛・地球博並でした。車を運転できないふにゃきち、栄までの交通手段はバスしかありません。普段なら40分くらいでつくところが、渋滞がものすごく何と倍以上の1時間半も掛かりました(車で行っても駐車場に入るのも1時間待ちだったそうです。地下鉄を使うべきでした)。特に若宮通りから、栄バスターミナルへと右折する信号のところでは、およそ500メートルを進むのに30分くらい掛かりました。幸いほぼ始発から乗っているふにゃきちは座っていましたが、立っていた人たちはかなりつらそうでした。あまりに渋滞がひどいので、最後には運転手さんが「お急ぎの方はこちらでお降りください」といって扉を開けて、バス停に着く前に道路の真ん中でお客さんをおろしました。Σ( ̄□ ̄;;;)!!こんなことは初めてです。もちろん各デパート内も混雑は相当なもので、PARCOでは入場制限をするお店もありました。土曜日は午前11時から夕方6時までいましたが、結局はスイミングウェアしか買えませんでした。_| ̄|○ このままでは引き下がれないふにゃきち、リベンジを期して日曜日は開店と同時に入店できるように朝10時を目指して出発しました。また前日の反省を生かして、バスは矢場町(松坂屋前)まで乗らず、ひとつ手前の丸田町で降りて歩きました。この作戦は大成功でふにゃきちはバスよりもずっと早く到着しました。この日は、松坂屋とLASHICを中心に攻め、夕方6じまで買い物を続け、ジャケット1枚、Tシャツ3枚、礼服(月末に法事があるのです)、メガネを購入しました。メガネはふにゃきち初挑戦のプラスチックフレームです。説明をしてくれた店員さんが村上春樹の『ダンスダンスダンス』に出てくる「いるかホテル」に勤めるメガネの女性(もとよしさん、というのだったかな?)のイメージとぴたり重なったので、思わずそう言いそうになりましたが、怪しいやつと思われるといけないのでやめときました。代わりに、このメガネ店が採用しているレンズを作っているCarl Zeissという会社は、とても高価なカメラのレンズも作っているとか、日本のコシナという会社と共同でZeiss Ikonというカメラを作った、そして僕はそれを持っているとか、球面レンズと非球面レズの光学特性の違いなどを説明してきました。そっちの方がよっぽど怪しいって。( ̄▽ ̄)  今日は、法事の引き出物を買いに行った父と叔母にくっついて、またまた栄に行ってきました。昨日までの買い物でほしいものはほとんどそろったのですが、あと黒のデニムがほしいのです。でも今は季節柄、どのお店にも黒はあまりおいてありません。黒の新作が入ってくるのは秋冬ものの入荷が始まるお盆明けから8月下旬辺りだそうです。8月17日にボストンに戻ってしまうふにゃきち、果たして帰る前にこれはという黒デニムが見つかるでしょうか。。。

18

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »