« さよなら、F先生 | トップページ | ふにゃきちトロントへ »

2006年5月 6日 (土)

リスいろいろ2-Public Gardenのリス

ボストンのダウンタウンにはPublic Gardenという大きな公園があります。この時期、この公園では長い冬の間、じっと家の中や、地中や、木の穴の中で、春を待ちわびていた人々や花やリスが外界に誘い出され、一同に介し、写真的観点からは、今まさに「撮り頃」を迎えています。にもかかわらず、ふにゃきち、ボストン生活4年目にもかかわらず、この公園にはあまり出かけたことがありませんでした。失われた時間を取り戻すべく、先週、先々週と週末に写真を撮りに出かけました。

春のPublic Gardenを演出するキャストの中で、本日掲載の写真ではリスを主役にしてみました。

Risu_15 

EOS-3, EF300mm F4L IS, Velvia 100F

本日の主役、まずは木の上から顔をチラ見せ。

Risu_16 

EOS-3, EF300mm F4L IS, Velvia 100F

地上に光臨して、ポーズを決める。そこをパチリ!

Risu_12 

EOS-3, EF300mm F4L IS, Velvia

次はカモとの競演。背後に通行人A、B、C、カップルを配置。

Risu_14 

EOS-3, EF300mm F4L IS, Velvia 100F

今度は人との競演。サッとピーナッツ(?)をもらってパッと逃げて行くシーン。

Risu_9

EOS-3, EF300mm F4L IS, Velvia 100F

そして木の上でゆっくりお食事。

なおこのストーリーはふにゃきちの創作です。写真の掲載順序に時間的連続性や因果関係はありません。(^^;)

|

« さよなら、F先生 | トップページ | ふにゃきちトロントへ »

コメント

これは近づいて撮っているんですか?
かわいらしいですね。名古屋では動物の可愛さに目をやるなんてことあまりないので、なかなか感動です。

投稿: るるる | 2006年5月 7日 (日) 10時21分

るるるさん、
この写真は、リスまで5~20メートルくらい離れて撮っていますよ。大きく写っているのは、望遠レンズを使っているからです。(^^; 望遠鏡のように大きなこのレンズ(1.5キロ)、遠景だけでなく花や小動物を撮るのに使っています。ボストンだけでなく、北米東海岸の多くの都市にはいたるところにリスが住んでいます。僕みたいにリスをめでる文化出身の人は、みんな目とレンズを向けずにはいられないのです。アメリカ人はたいていリスには興味なし。ネズミと同じだと思っているみたい。(-"-;)

投稿: ふにゃきち | 2006年5月 8日 (月) 02時19分

そうなんですか、かわいいのにね 笑

投稿: るるる | 2006年5月 8日 (月) 06時26分

そういえば守山区にもリスがいるみたいですよ。
詳しくは、こちら↓をご参照ください。

http://www.asahi-net.or.jp/~fb4m-iszk/risuken/

投稿: ふにゃきち | 2006年5月 8日 (月) 17時29分

ずいぶん人とカモに慣れてるリスですね~
カモと一緒に写ってる写真は初めて見ましたよ。
種類の違う動物同士がこんなに接近してるのって
珍しいですよね。
なんらかの利害関係みたいのがあるのでしょうかー?

投稿: みー | 2006年5月 9日 (火) 21時30分

お久しぶりです。覚えてます??

写真きれいですね。望遠のレンズどんなものですか?私も欲しいけど、高いんでしょうね。私は最近甥っ子と飼ってるウサギばかり撮っています。

結局院はUMassにしました。これからもよろしくお願いしますね。

投稿: ひらが | 2006年5月 9日 (火) 21時31分

みーさん、
Public Gardenは観光地で、多くの人がリスにエサをあげているので、妙に人馴れしています。ボストンのリスを見て村上春樹は「用心深い一塁ランナーように、自分が駆け上ることができる樹木までの距離をいつも目の端っこの方で計算してる」(「使い道のない風景」)と言ってますが、ここのリスは警戒心ゼロです。写真には撮りやすいのですが、張り合いがないのも事実です。

リスにとってカモと共存する利益は、おぼれたときに助けてもらえることでしょうか?(笑)

ひらがさん、
もちろん覚えてますよ!この前、UconnのZB先生がうちで開かれたワークショップに来たので、ひらがさんのことを聞いてら、よそに取られたと言っていたので、UMassに決めたのだなあってわかりました。

望遠レンズは、小さなものを大きく写すのみならず、大きなものの一部を切り取ったり、背景が大きくぼけるので花を撮ったりと、圧縮効果を活かした絵作りをしたりと、あれこれ楽しめます。値段はピンきりですね。写りは短焦点には及びませんが、100-300mmとか70-300mmの望遠ズームならば割と安く手に入ると思います。

甥っ子さんとウサギ、かわいらしい被写体がそばにいていいですね!

こちらこそよろしく!またぜひボストンに遊びに来て下さい!(^-^)/

投稿: ふにゃきち | 2006年5月 9日 (火) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152271/9926667

この記事へのトラックバック一覧です: リスいろいろ2-Public Gardenのリス:

« さよなら、F先生 | トップページ | ふにゃきちトロントへ »