« Blue Sky and Charles River | トップページ | Sakura in Boston »

2006年4月30日 (日)

リスいろいろ

B先生の忠告にもめげず、最近はブログを頻繁に更新してますが、よく見てみると写真の内容があまり変わり栄えしないことに気づいてしまいました。(汗

Memorial Hall、チャールズ川、花のローテーションになってます。

このワンパターン傾向は今後も変わりません!(断言)

が、しかし、ローテーションピッチャーが3人だなんてプロ野球ではありえないのと同様に、何でも写真系ブログを標榜する当サイトも(え、そうだったの?(◎◇◎;))、このままでいいはずがありません。というわけで、新しい被写体を探してみることにしました。で、探し当てたものがリス。「あれ、リスなら前に載せてたじゃん」という鋭い突っ込みは後回しにして(^^;)、とっとと写真紹介へ移りましょう。

Risu_3_1

TVSII, Vario-Sonnar 3.5-6.5/28-56 T*, Velvia (一段増感)

コンパクトカメラのTVSでリスを撮るという暴挙を犯す!だってリスを見つけたとき、手元にTVSしかなかったんだもん。ヽ(´ー`)ノ
AFは頼りにならないので、しっかり絞って山勘マニュアルで撮影。

撮影場所は寮の前の芝生。この辺りのリスは警戒心が強いのですが、この子はかなり近寄らせてもらえました。近すぎてふにゃきちの影が写りこんでます。

Risu_8 

TVSII, Vario-Sonnar 3.5-6.5/28-56 T*, Velvia (一段増感)

一番撮りやすいのはお食事中。このリス君、どことなく「できるかな?」のゴン太君似のような。

Risu_7 

TVSII, Vario-Sonnar 3.5-6.5/28-56 T*, Velvia (一段増感)

キャンパス内で見かけたやる気なしモードのリス君。

|

« Blue Sky and Charles River | トップページ | Sakura in Boston »

コメント

できるかなのゴン太くんなつかしいですね。
そうだ、たくさんリクエストすれば、あなたの言うワンパターンもなくなるかも!!
というか、写真は時によって違う顔を見せてくれるから、ワンパターンというのはないんですよね、きっと。
写真って不思議ですね。

そうだなぁ、人の風景とかが見てみたいですね。
と、勝手に言ってみる。
でも写真も個人情報のうちですからね~、難しいかな?

投稿: るるる | 2006年5月 1日 (月) 09時31分

こんなに近くで撮れるなんてすご~いです!
カメラ構えてみてもいつもシャッターチャンス逃してしまうので。

さすがです!かわいいっ。

投稿: Akky | 2006年5月 1日 (月) 10時23分

るるるさんへ、
同じ被写体を追い求めていても、毎回新鮮な写真を撮る人は大勢います。むしろ同じ被写体を追求するからこそ、より洗練された写真が撮れるのだという考え方もできます。僕の場合は、目に留まったものを写真に収めていくという、徒然日記風の撮影スタイルなので、常に新しい写真のネタを求めているのです。

風景・情景の一部として人を写すこと(点景といいます)は好きな手法なので、そういった写真は若干ストックがあります。特定の個人を狙って撮っているわけではないので、公開しても問題はないものと思われます。これまでにも人が写っているものは公開済みですしね。


Akkyさんへ、
住宅地のリスは警戒心が強くて近寄らせてもらえませんよね。この子は例外でした。しかしPublic Gardenに住むリス君たちは観光客から餌をもらっているので、すごく人馴れにしていて、相当近づいても逃げませんよ。写真には収めやすいけど、いまいち達成感がないというのは贅沢な物言いでしょうか。(^^;

とはいえ、先日Public Gardenでリスを思う存分撮ってきたので近く掲載しますね。

投稿: ふにゃきち | 2006年5月 1日 (月) 11時33分

なんか生意気なこと書いてしまいました、ごめんなさい。

投稿: るるる | 2006年5月 1日 (月) 13時38分

るるるさん、
いえいえ、全然そんなことありませんよ!

投稿: ふにゃきち | 2006年5月 1日 (月) 13時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152271/9828018

この記事へのトラックバック一覧です: リスいろいろ:

« Blue Sky and Charles River | トップページ | Sakura in Boston »