« Zeiss Ikon with Black & White | トップページ | Ray and Maria Stata Center Revisited »

2006年2月12日 (日)

Zeiss Ikon@金毘羅

今週から本格的に授業が始まり、気が付いたら1週間近くも更新をサボってしまいました。今回も松山旅行の写真です。前回は道後温泉、前々回は松山城の写真を掲載したので、今回は琴平/金毘羅で撮った写真を掲載します。最初Black&Whiteで撮っていましたが、フィルムが切れた後はベルビアに切り替えました。しかしこの日は曇り時々雨の空模様で光線状態が思わしくなく、結果的にはBlack&Whiteのほうがいい仕上がりとなりました。

kompira_20

Zeiss Ikon, Ultron 35mm F1.7, Neopan 400

金毘羅さんといえばこんな感じの階段をずっと登っていきます。

kompira_18

Zeiss Ikon, Ultron 35mm F1.7, Neopan 400

まだまだ先は長い。参拝を終えた帰りの人がうらやましい。

kompira_21

Zeiss Ikon, Ultron 35mm F1.7, Neopan 400

1368段(だったかな)の階段を登ってようやく金刀比羅宮奥社に到着!ここまで登ってくる人はあまりいません。ほとんど人が800段目あたりの金刀比羅宮本宮までで引き返していきます。この一枚でNeopan400は終了。

kompira_11

TVS II, Vario Sonnar F.3.5-6.3/28-56mm T*,  Kodak Ultra Color 400

ここからは帰り道。本宮は清水寺みたいです。

kompira_2

Zeiss Ikon, Ultron 35mm F1.7, Velvia 50 (1段増感)

お掃除中の神主のお弟子(?)さん。

kompira_10

Zeiss Ikon, Ultron 35mm F1.7, Velvia 50 (1段増感&トリミング)

本宮前で買うことが出来る幸福の黄色いお守り。ふにゃきちも買いました。

追記:2月12日

kotohira_station

Zeiss Ikon, Ultron 35mm F1.7, Neopan 400

JR琴平駅をぱちり。レンジファインダー機できっちり水平を出すのって難しい。。

kompira_15

Zeiss Ikon, M-Hexanon 50mm F2, Neopan 400

結局食べられなかった金毘羅名物の灸まん。

|

« Zeiss Ikon with Black & White | トップページ | Ray and Maria Stata Center Revisited »

コメント

4枚目の写真を見たとき
「あれ?清水寺?」って思っちゃいました。
ホントよく似てますね~
しかも、1300段以上って・・・
オイラだったら途中で引き返しちゃうかも・・・

投稿: みー | 2006年2月12日 (日) 16時17分

みーさん、
1300段の階段を登るのなんて、みーさんがいつもやってるカンジキをはいて、カメラと三脚を抱えて雪の中を走り回ることに比べたらたいしたことありませんよ!僕の場合は写真をとりつつのんびり登ったのであまり疲れを感じませんでした。あと温泉効果もあったのかも!

投稿: ふにゃきち | 2006年2月12日 (日) 17時22分

私も一瞬清水かと思いました。あとで、金毘羅はどんなところだったか、もう一度聞いてみます。

出張マニア。?な相方が琴平駅を撮ってきた写真をながめていて、朝日新聞社からでているツァイスイコンの全てにある写真は、ものすごく下がって撮影したんだな、と思うことしきり。(本買いました?)

黄色いお守りは、私も先日入手しました。

灸まんとか、かいましたかー?

投稿: hogera | 2006年2月12日 (日) 22時16分

hogeraさん、
その本はまだ買っていません。琴平駅の写真、僕も撮って来ましたよ。追加掲載しておきますね。駅から延びる道の両脇に灯篭が配してあります。本の写真は見てないので想像ですが、この両側の灯篭と駅をシンメリックに写真に写しこもうとすると、相当下がって撮らなければ入りきりません。35mmレンズでは、余計なものが写り込みそうです。僕は駅を大きく写すために、灯篭は左側だけに入れてみました。

灸まんは金毘羅のいたるところに売っていましたが、結局食べませんでしたねぇ。途中でお茶屋さんによって食べていこうかなぁとは思ったりもしていたのですが。それでは灸まん屋さんの写真も追加で。(^^;)

投稿: ふにゃきち | 2006年2月13日 (月) 06時10分

私もホントに清水寺かと思ってしまいました!

日本の空気や湿度まで収まっているようなお写真たち。
懐かしく拝見しました。

投稿: Akky | 2006年2月14日 (火) 11時37分

Akkyさん、
いらっしゃいませー!
皆さん、清水寺と見間違えてしまうようですね。この写真を掲載した後で、本物の清水寺のほうの写真をネットで探してみてみましたが、なるほどよく似ていますね。

空気や湿度まで収まっているといってくださるのは、最高の褒め言葉です。最近は日本的な写真が続いたので、そろそろボストン・ケンブリッジの写真に戻ろうかなと思います。

投稿: ふにゃきち | 2006年2月14日 (火) 12時51分

こんばんは。
金毘羅さんはなかなか雰囲気がよさそうなところですね~。kamikamiも以前友人と近くまで出かけたときに「行きたい!」とリクエストしてみましたが、すぐさま却下(T.T)
しぶしぶあきらめました。写真を拝見していたらますます行きたくなってきました。

投稿: kamikami | 2006年2月14日 (火) 19時47分

kamikamiさん、
ようこそ~♪金毘羅さんのすぐ近くまで行かれたのに、参拝はせずでしか。それはもったいない!僕は松山から3時間かけて行きましたよ。実はかく言う僕も金毘羅さんは当初の予定に入ってなかったのですが、松山初日の夜に入った居酒屋さんで、そこの常連客とママさんから四国に来たなら金毘羅さんに行くしかないよ、と言われて行ったのでした。僕の行った日は残念ながら天気が悪く眺望が楽しめませんでしたが、天気がよければ金刀比羅宮本宮の背後に瀬戸内海が見渡せてそれはそれは絶景のようです。「人生一度は金毘羅参り」という言葉もあるそうですし、また四国に行く機会がありましたらぜひ!

投稿: ふにゃきち | 2006年2月14日 (火) 21時55分

しきりに金比羅をすすめる人がそばにいるので)笑
バースデー割で飛び立とうかと考えています。

神戸に出かけたフィルム(リバーサル)、今日上がってくるので、暇を見てスキャニングしてみます。

投稿: hogerattan | 2006年2月28日 (火) 12時31分

hogerattanさん、
こちらでもこんばんは!初の四国上陸ですね。金毘羅に行くことを薦められているなら、高松から四国入りということでしょうか?金毘羅さんにお参りする日は天気がよいといいですね。天気いい日には上から伊勢湾が見え、とても綺麗だそうです。あと、金毘羅では参拝道入り口付近の階段途中に並ぶみやげ物やのうち、「あやのの店」という店には立ち寄らない方がいいですよ。近所でも評判の変な占い師に無料で占ってやると言って捕まってしまいます(僕は被害者)。それとですね、その近くにある讃岐うどんの虎屋というところはガイドによく出ていますが、僕はそれほどおいしいとは思いませんでした。他の観光客の人たちは、うまいうまいって言って食べていましたが、僕はそうかぁ~と思いながら食べていました。 うどんを召し上がられるのであれば地元の人に聞かれるのが得策かもしれませんね。

投稿: ふにゃきち | 2006年2月28日 (火) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152271/8617385

この記事へのトラックバック一覧です: Zeiss Ikon@金毘羅:

« Zeiss Ikon with Black & White | トップページ | Ray and Maria Stata Center Revisited »