« レンジファインダーカメラへの道:第一章「50mmレンズ購入」 | トップページ | レンジファインダーカメラへの道:第三章「Zeiss Ikonを奢る」 »

2006年1月16日 (月)

レンジファインダーカメラへの道:第二章「35mmレンズ購入」

blue_eveningEOS-3, EF35mm F2.0, E100G

ここ最近は連日最高気温が10度を超えるという1月のボストンとは思えないほど温暖な日々が続いていましたが、昨夜からめっきり冷え込んできました。今日は外に出てないのでどのくらい寒いのかよくわかりませんが、CNNの予報では最高マイナス7度、最低マイナス9度と出ていたので、昨日よりも20度くらい冷え込んだようです。とりあえず部屋で一仕事終えたふにゃきち、これから場所を変え、気分を変え、もう一仕事するために学校に行こうと思っているのですが、せっかく治った風邪がまたぶり返しそうで外に出たくないです。

閑話休題。

ふにゃきち、またまたレンジファインダーカメラ用のレンズをヤフオクで落札しちいまいました。最近、たまった仕事を片付けるために、明け方まで起きているので、ちょっと休憩とばかりにヤフオクをチェックしているのですが、これがよくありません。ボストンと日本は14時間の時差があり、ボストンの朝時間は日本の夜時間なのです。そう、夜はヤフオクの出品物の多くがオークション終了を迎える時間なのです。仕事でたまったストレスと、徹夜で思考力の止まった頭のせいで、ちょっといいものを見ると、後先考えずについつい入札してしまいそうになります。もちろん、ふにゃきち普段はボストンで生活しているので、ヤフオクでの出品物は、海外発送に対応してくれるまれなケースを除いては、すぐに手に入りません。この大いなる障害のおかげで、これまで、入札を控えることが出来ていたのですが、今回ばかりは違います。なぜならふにゃきちは、明後日、日本に帰るからです。( ̄▽ ̄)

先日、レンジファインダーカメラを持ってないくせに、レンジファインダーカメラ用のレンズを落札したばかりのふにゃきち、前回は50mmレンズだったので、今回は35mmに狙いを絞っていました。しかしレンジファインダーカメラの35mmと言うのは、ふにゃきち的には、これというものがないのです。写りで選べば、ズミクロンかビオゴンかノクトンでしょうが、どれも高いので却下(特にズミクロンは一桁違います)。なので手の届く範囲で、カラースコパー、ウルトロン、M-ヘキサノン(これも結構高いけど)あたりに絞って網を張っていました。すると、この三つの中で、低価格ながら開放F値がF1.7と一番明るいウルトロンの綺麗な出物がまもなく終了を向かえようとしているではありませんか。これぞチャンスとばかりに、終了間際まで入札をせずに、経過を見張ります。思ったよりも値段は上がらず、しかも好都合なことに、自動延長なし。そこで終了の15秒前に、その時点の最高入札額よりも6000円高い値段をつけて入札!そしてそのままタイムアップ。画面を更新してみると、ふにゃきちの名が最高入札額者の位置に燦然と輝いていました。( *゜∇゜)

結局、最後の15秒間で、3000円ほど上がりましたが、ふにゃきちは余裕を持って落札したわけです。ワッハッハッハ!!

このウルトロンというレンズ、あえて描写を語るような名玉ではないので、ネット上ではあまり評判を見ることは出来ませんが、モノクロで撮っていたある人いわく、開放付近でのボケが美しく、諧調が豊かで、ヌケがよく、絞ればそこそこシャープになる。別の人いわく、色再現は素直だが、シャドーはつぶれやすく、ハイトーンは飛びやすいので、ハイコントラストなポジでは使いにくい。まったく逆の評価ですが、使っているフィルムがモノクロとポジなので、さもありなんと言うところでしょう。早く実物にお目にかかって、使ってみたいものです。そしてふにゃきち所有のEF35mmと対決させてみたいです。

よーし、次の獲物は28mmだなあ。

ええっ、まだ買うの?!

|

« レンジファインダーカメラへの道:第一章「50mmレンズ購入」 | トップページ | レンジファインダーカメラへの道:第三章「Zeiss Ikonを奢る」 »

コメント

順調ですね ^^;
私は、明日ZEISS IKONを購入しようかどうか、悩んでいるところです。

日本に一時帰国?されるようで、どうぞ気をつけて。

投稿: hogera | 2006年1月16日 (月) 22時48分

hogeraさん、

今回は1月末までの一時帰国です。

>私は、明日ZEISS IKONを購入しようかどうか、悩んでいるところです。

なんといううらやましい悩み!
ところでシルバーとブラックではどちらのボディがお好みですか?僕はたいていのカメラはブラックボディが好きですが、Zeiss Ikonは写真で見る限りシルバーの方が、かっこよく見えます。ま、実物を見たら印象が代わるかもしれませんが。

僕はRF機はブログではベッサR2Aに傾いていると書いていますが、実際にはヘキサーRF、Zeiss Ikon、Leica M6も検討しています。

投稿: ふにゃきち | 2006年1月16日 (月) 23時22分

とてもきれいな一枚!これ大好きですっ!
チャールズ川ですか?凍っているような・・・。

女性はストレス解消にお買い物をする方が多いようですが、
男性もそうだったとは(笑)。

一時帰国、いいですねぇ。名古屋ですか?
あの店にも行きたい、これも食べたいと
思い出されてしまいます。

お気をつけていってらっしゃ~い。

投稿: Akky | 2006年1月17日 (火) 11時42分

家庭争議になりましたが、シルバーを。
Planer T* 2/50と一緒に。

Leicaはさすがに手がでません。

20年ぶりなので、何もかも新鮮です。

色は、blogを参考に。(といっても、あまりなりませんが)

投稿: hogera | 2006年1月17日 (火) 23時49分

Akkyさん、

写真をほめて下ってありがとうございます。こういう深い色はやっぱりフィルム独特なんですよね。デジタル万歳の世の中ですが、こういうのが撮れるから、フィルムはやめられません。デジタルでも工夫(専門的になりますが、RAWでとって各種パラメターを調整)すれば、「撮れ」ますが、それをもってして本当に撮影行為と呼べるのかどうか、僕にはまだ受け入れがたい部分があるのです。ここらあたりからは精神論の領域に入っていくので、個人によりスタンスが異なります。デジタルの時代には撮影行為という意味そのものが変わってきたように思われます。デジタルの優れた点や便利さは重々承知していますし、今すぐにでもほしいとは思っていますが、物質的にも精神的にも時代に取り残され気味ですね(^^:)。

数時間前に名古屋の実家に舞い戻りました。やはり日本や、そして実家はいいものです。外は気温が8度ほどとマイルドですが、家の中が寒いです!でもこれって日本の冬だなあって感じがしますよね。

Hogeraさん、

Zeiss Ikon購入、まことにおめでとうございます!シルバーにいかれましたかぁ!何ともうらやましい限りです!レンズもPlanar 50mmから入られたんですね。ぜひとも写りや使用感をブログにて教えてくださいね!

僕も早速、名古屋の電気街(大須というところです)に繰り出して、物色してまいりたいと思います。

詳しくはまたブログにてお知らせしますね。


投稿: ふにゃきち | 2006年1月18日 (水) 20時16分

おかえりなさい。先日、まいみくさんのお誘いで、名古屋にうかがいました。大須には、いきませんでしたが、カメラやさんをいくつか。(テレビ塔のそばの)

フィルムは、ほぼ20年ぶりで、AGFAがフィルムをやめたなんて、ショック・・・。

RVPIIIを入れて、まったりとってます。

スキャナも、ライトボックスも、もう手元にないので、
どうすべかな。)笑

投稿: hogera | 2006年1月18日 (水) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152271/8187988

この記事へのトラックバック一覧です: レンジファインダーカメラへの道:第二章「35mmレンズ購入」:

« レンジファインダーカメラへの道:第一章「50mmレンズ購入」 | トップページ | レンジファインダーカメラへの道:第三章「Zeiss Ikonを奢る」 »