« Purple Evening | トップページ | Haruki Murakami »

2005年11月18日 (金)

雨上がりの夕焼け

昨日、一昨日と日記を書く時間がなく、写真を載せただけに終わった当ココログ。初めてたったの一週間で早くもネタ切れ感満載でしたが、今日から日記復活です。といってもこれを書いているのは、18日の深夜。なので今日の出来事は、午前2時過ぎまで大学に居残って仕事をし、部屋に帰ってきて、バナナとベーグルを食べて、紅茶を飲んだだけです。

なので今日はちょこっとだけ写真の話をしましょう。昨日、一昨日と載せた写真はどちらも僕が住んでいる街を流れるチャールズ川という川の岸辺から、夕方に撮影したものです。空の様子が違うことからわかると思いますが、これらは別の日に撮影したものです。16日に掲載した写真は10月中旬に10日間ほど、雨と曇りの日が続いた後、夕方から急速に天候が回復してきた日に撮ったものです。普通、雨上がり後の夕焼けは紅く染まるのですが、この日ばかりは黄金色に染まりました。しかも、紅く染まる場合は、オレンジ色から徐々に深い紅となり、最後は闇に溶け込んでいくいうように移り変わるので、シャッターチャンスは10~20分くらい持続します。しかし、この黄金の夕焼けは本当に短く、1分程度だったと記憶しています。この時は、最初オレンジ色っぽい空で、紅くなるにはもうちょっと時間がかかりそうだなあと思って、犬の散歩をしていたおばちゃんとしゃべっていると、突然、オレンジ色が濃くなり、街を川を草を木を人を犬を僕を黄金色に塗り始めたのです。しかしこのときの僕は、普段、夕焼けがクライマックスを迎えるのはもう少ししてからのはずだという思い込みと、10日間も夕焼けを見ていなかったので、今の自分は何てことない夕焼けでも必要以上に感動してしまうのではないかという思いから、このときは半信半疑でシャッターを切りました。その日は、その後も何枚か夕焼けの写真を撮りましたが、最初に撮った一枚が圧倒的に綺麗でした。これまで何度も夕焼けの写真を撮ってきましたが、これほど印象的な夕焼けを写真に収めたのは、後にも先にもありません。

|

« Purple Evening | トップページ | Haruki Murakami »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152271/7182640

この記事へのトラックバック一覧です: 雨上がりの夕焼け:

« Purple Evening | トップページ | Haruki Murakami »